ホームページ制作 京都 / WordPress DTP

Kyoto Web Design 8acrewood blog

8acrewoodのブログです。ブログサンプルも兼ねております。

PCにXAMPをインストールする方法&設定 その2 【php.iniの設定】

今回はPHPの設定です。

PHPで色んなことをしようとすると、もっと細かい設定が必要になってきますが、
今回は、基本的な設定だけを扱います。

めんどくさいですが、これくらいはやっておかないと後で大変なことになります。

なので、今回は主にPHPの日本語設定です。

まずは、「c:\xampp\php」の、PHPの設定ファイルである「php.ini」をテキストエディタで開きます。

11

こんなかんじで、ズラーッとプログラムが並んでいますが、

すべてをイジるわけではないので、軽い気持ちで行きましょう。

「;default_charset = “UTF-8″」を検索して、
「default_charset = “UTF-8″」に変更します。

「;」はコメントアウトで、「この行を読み込まない」という意味です。

「;mbstring.language = Japanese」を
「mbstring.language = Japanese」に変更。

「;mbstring.internal_encoding = EUC-JP」を
「mbstring.internal_encoding = UTF-8」

「;mbstring.http_output = auto」を
「mbstring.http_output = pass」

「;mbstring.http_input = SJIS」を
「mbstring.http_input = pass」

「;mbstring.encoding_translation = Off」を
「mbstring.encoding_translation = Off」

「;mbstring.detect_order = auto」を
「mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII」

「;mbstring.substitute_character = none;」を
「mbstring.substitute_character = none;」

「;mbstring.strict_detection = Off」を
「mbstring.strict_detection = Off」

てな感じです。

バージョンによって細かい初期設定は違うのですが、

変更後は上記のようにすればよいです。

※これらの設定は慣れていないとミスをする可能性もあります。
ファイルはいじる前に必ずバックアップを取っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>