ホームページ制作 京都 / WordPress DTP

Kyoto Web Design 8acrewood blog

8acrewoodのブログです。ブログサンプルも兼ねております。

WordPress | Moreタグ(続きを読む)をプラグイン【WP Limit Posts Automatically】で自動化

WordPressの記事も、増えてくると、1ページが長くなってだんだんとかっこ悪くなってきます。
デフォルトで「Moreタグ挿入」という機能が、記事を書き込むボックスの上のリストについているのですが、
毎回設定するのは面倒ですし、設定を変えたいときは、一つ一つ変更することになってしまうので
気が遠くなってきてしまいます。

こんなことを考えているとプラグインを探したくなるのですが、
WordPressは探せば簡単に見つかることが多いのでとても便利です。

今回は「WP Limit Posts Automatically」を使用します。

11111

まずはいつものように検索窓にプラグインの名前を入れて、プラグインを探します。

評価も高く、優秀プラグインであることを喜びながら
「今すぐインストール」 をします。
インストールから、有効化もできたら、左のリストからプラグインの設定を選びます。

33333

全部英語ですが、難しいことは何もありません。

Limit Posts by:
First Paragraph(recommend)を選択。おすすめと書いてあるし、ほかだと文字化けしたりもします。

後はどれを選んでもいいです。
別タグでブログのページを開き、プラグインを適応させながら、違いを確かめてみましょう。

4444

こんな感じですっきりとしてくれます。

あとは、記事の表示件数を調整してユーザビリティをあげていきましょう。

WordPressのプラグイン、WP-PageNaviでブログを整理

WordPressでブログを作り、ページが増えていくと、
なかなか前の記事を読み返すのが大変になってきます。

そんな時には、便利なプラグインそふと、
「WP-PageNavi」を使いましょう。

navi

まずは、WordPress内のプラグイン追加ページから設定、

もしくはWP-PageNaviのダウンロードを行い、FTPソフトでwp-content/pluginsへ持っていきましょう。

wpnavi-1

ディレクトリに追加できたら、WordPress管理画面の、

プラグインから、WP-PageNaviを有効化させましょう。

有効か出来たら、WP-PageNavi、ホームページのinstallationタグへ行き、
インストール方法を調べます。

インストール方法は、要約すると、ページナビを入れたい部分に、
<?php wp_pagenavi(); ?>
を記入するだけです。

 

あとは、CSSの設定が必要です。
CSSは自分で作ってもよいですが、
ディレクトリ内に、「pagenavi-css.css」というファイルが入っているので、
これを持ってきて、設定画面の「pagenavi-css.css」を使用するにチェックを入れるか、
ファイルを開いて、テーマのCSSにコピペしても使えます。

このCSSにはデフォルトでページ内の配置が記載されていないので、
自分のサイトにあった配置を追記し完成です。

 

WordPressで、imgタグを使って画像を表示させる

WordPressで画像を表示させたいときに、
CSSで、background:url()で読み込むと素直に表示してくれるのですが、
HTMLの<img src=””>で読み込もうとしても素直に読み込んでくれません。

これは、パスの設定が多少複雑になっているからで、
そのままではさっぱり読み込んでくれません。

その場合、たとえばindex.phpと同じ階層にある、
image/というフォルダに画像を入れているのであれば、

src=”<?php echo get_template_directory_uri(); ?>/image/000.png”

というように、ちょっとPHPを一文入れて、階層を調整してあげれば、簡単に読み込んでくれるようになります。