ホームページ制作 京都 / WordPress DTP

Kyoto Web Design 8acrewood blog

8acrewoodのブログです。ブログサンプルも兼ねております。

あじさい寺こと、三室戸寺に行ってきました。

京都で紫陽花の名所と言えば、なんといっても三室戸寺です。
あじさい寺と呼ばれているくらい、あじさいが咲き乱れているらしいです。

と、いうことで、ちょっと足を延ばし、
京都駅から電車を乗り継いで30分程でしょうか。
最寄りの「三室戸駅」より歩いて15分ほどで「三室戸寺」に到着しました。

ワールドカップを朝五時から見て、八時前には家を出たので、
朝イチで到着することができ、参拝客はまだまばらでした、

門を抜け寺に入ると目に飛び込んでくるあじさいの群れw

DSC_0024 DSC_0041

紫陽花は、ことのほか咲き乱れており、一瞬でテンションがものすごく上がりますw
とにかく数が多く、広い敷地内を所狭しとあじさいや、つつじが植えられています。

写真の後方に移っている茶畑みたいなのは、「つつじ」らしく、
これもシーズンには咲き乱れるらしいですw

中をどんどん進んでいくと、これでもかっていうくらいあじさいが咲いています。

DSC_0075 DSC_0173 DSC_0055 DSC_0143

紫陽花の種類も1つや2つではありません。

見たことない種類のアジサイも咲いており、全く飽きずにテンションは上がりっぱなしです。

そして有名な「ハートのあじさい」です。

DSC_0210 DSC_0272DSC_0197 DSC_0116

ハートのあじさいは思ったより多く点在しており、割と簡単に発見することができます。

そこそこハートっぽいと思ったら、色んな角度から写真を撮って、いちばんハートっぽく見えるポジションを探します。

日が昇ってきてだんだんと人も増えてきたので、
三室戸寺のご本尊にもお参りします。

DSC_0321 DSC_0304

これも予想以上に立派でした。

蓮の花もたくさん咲いていており、こちらもたくさんのカメラマンで埋め尽くされておりました。

 

京都市から目と鼻の先にあるのに、全く行ったことなかった「三室戸寺」。
来年はカメラなしで、あじさいを楽しみに来ようと思います。

ちなみに紫陽花の見ごろは7月の上旬までのようです。
駅も近く、駐車場もあるので便利。

梅小路公園で蛍を探す。

噂によると、梅小路公園にも蛍が出るらしいです。

最近は水族館や機関車たちなど、様々なリニューアルがされている梅小路公園ですが、
園内を流れる小川に蛍が出るとのことなので、
さっそくカメラ片手に散策してきました。

時刻は7時半ごろ。
園内をぐるっと回って、小川を眺めてもそれらしい気配は全くです。

何もないと言ってすぐ帰るのももったいないので、
同じく蛍を探しに来てるファミリーをトレースしながら情報を得ます。

ファミリーが言うにはどうやら、

「いることはいる」、
「九時頃がいちばん見える」。

とのこと。

そうこうしている間に、「いた!いた!」という声が聞こえてきました!

DSC_0056 DSC_0057

なんとなく見えますでしょうか!?
亀岡のように複数乱舞している感じではないですが、確かにいました!

しかもあまり元気がなく飛び回ることも少ないです。
逆に言えばずっと同じところにいるので写真には収めやすいです。

ただし、光の点にしか見えませんが、、、

都会にも蛍はいるんですね。

ちなみに梅小路公園の小川の周りはこんな感じです。

DSC_0062 DSC_0060

時間が進むと、子供たちもやってきて、
川に裸足で飛び込み、カエルを捕まえ始めたので、退散することにしました。

色々とお話を聞かせてくれた蛍おじさんによれば、こうやって蛍は減っていくらしいですw
子供たちが川遊びをするのは楽しげで良いので、どっこいどっこいです。

ちなみに同氏によれば、蛍は「九時頃」そして「六月いっぱい」見れるそうなので、
お近くに住まわれている方はぜひ。

ついでにリニューアルされた梅小路公園の遊具も載せておきます。

DSC_0079 DSC_0078

藤森神社のあじさい祭りに行ってきました

6月15日は藤森神社であじさい祭りが行われました。

藤森神社は競馬の神様として有名で、
色んなサラブレットたちも絵など奉納しています。

2014.5.16_013 2014.5.16_039

どうやら今日は蹴鞠もやっているようです。

藤森神社の蹴鞠は、「下鴨神社」「白峯神宮」とならんで京都三大蹴鞠と言われているとかいないとからしいです。

2014.5.16_086 2014.5.16_099

お年を召された方や、女性がほとんどを占めているメンバーで、

あまり期待していなかったのですが、意外や意外。

何十回も続いたりはしないですが、それっぽい掛け声とともに、跳ねるボールに、
お客さんのテンションも上がっていきます。

あじさい祭りでは神楽も催されておりこれまた楽しめます。

2014.5.16_228 2014.5.16_206

いろいろ見た後はようやくあじさいです。

2014.5.16_200 2014.5.16_256 2014.5.16_237

花は全体的に小ぶりな感じです。

ですが、これだけのアジサイがそろうのは、なかなかないのでとても良い感じです。

神楽や蹴鞠の間に見て回るので、
ほかのお客さんも同じことを考えていたようで少し混んではいましたが、
6月の風物詩である紫陽花をぜひ。

 

亀岡市西別院町犬甘野へ蛍を見に行ってきました。

都市も梅雨に入ろうとしています。
この時期は蛍です。
京都はどこへ見に行けばよいのでしょう。

いろいろ調べたところ、
有名なお寺では結構見れるそうです。
夜な夜な和尚さんたちが放しているのでしょうか。

しかし、できることなら野生?の蛍が見たいので、
京都市近郊を探したところ、

亀岡のほうで見れるという情報を発見したので、車で向かいました。

住所的には亀岡市西別院町犬甘野なのですが、
ナビで行くと、犬甘野にはたくさんの地名があり、とても広い地域だということが判明。

今回は、なんとなくで、西別院町犬甘野川井というところを選択してみました。

到着したころ、時刻は午後八時を回ったくらい。

01

車を止めて、橋のほうへ歩いていくと、なんとなくそれらしき光が飛んでいました。
ですが、思ったほどの数は飛んでいない。
というのが正直な印象です。

姪っ子が不満足そうなので、色々と調べてみると、
いちばん見れる時間帯は、日暮れから夜に代わる時間帯らしいです。
ちょいと来るのが遅すぎたかもしれません。

あたりをぶらついていると、
排水溝にはいっぱいいるような感じがしていますが、
これでは風情がありません。

こんどはちょっと川を上流へ向かってみます。
少しずつ増えてきたような気もします。

DSC_0017

川沿いまで下りてみると結構飛んでいるのが見えました。

姪っ子が「ほっ、ほっ、ほーたるこい」と歌ったおかげかもしれません。

初めての蛍で喜んでくれたようなので、とりあえず良しとしましょう。

アンカーポイントを付けて、ページ内リンクをつくる

ホームページ制作では、ときどき縦長のページを依頼される時があります。

おそらく1ページの料金で済ませてほしいという依頼者の意向なんでしょうが、
閲覧者にとっては、多少めんどくさいページになってしまいます。

そんな時はページにアンカーリンクを作成し、
同ページ内の好きな場所へ移動できるようにしておきます。

作成方法は簡単です。

<a href=”#000″></a>
まず、上記のようにリンクボタンか何かに<a>タグをつけます。

で、飛びたい場所に、
<a name=”000″>
を貼り付けます。

また、リンク元には、”#ooo”で指定するので、
<div id=””></div>のように
idを指定した場所にも飛べます。

リンク元には、見た目にわかりやすいリストやボタンなどを作成しておくとよいと思います。

また<a>タグには色んな属性があって便利なのでぜひ勉強しておきましょう。