ホームページ制作 京都 / WordPress DTP

Kyoto Web Design 8acrewood blog

8acrewoodのブログです。ブログサンプルも兼ねております。

下賀茂神社の御手洗際

下賀茂神社の御手洗際に行ってきました。
暑い京都の夏にはぴったりのお祭りです。

下賀茂神社は京都の少し北のほうにあります。
大きな神社ですが、普段はそんなに込み合うことがないので、駐車場が残っているか心配です。
そんな心配をよそに、警備の人がきちんと先導してくれて、普段駐車場ではないスペースも駐車場として用意してくれているようです。
ちなみに駐車料金は500円です。まぁ安いほうじゃないでしょうか。

神社に入ると、出店がいっぱいです。
ちょっとうれしいです。
大好きなまるまる焼きを食べながら境内へ。

2014.7.28_001 2014.7.28_004

予想以上の混雑です。
「平日もやっているのに土日に来るもんじゃないな」と思いながら行列に並びます。

2014.7.28_008 2014.7.28_013

中は提灯の明かりや、ライトアップでとてもきれいです。
行列も思ったよりすいすい進みます。
これなら早く入れそうです。

いよいよ川の手前に来ました。
入場料(料金の正式名称忘れました)300円を払い、靴を脱いで袋に入れて入ります。

2014.7.28_023 2014.7.28_026

冷たい!!

来たことを後悔するくらい冷たいです!!!
周りの人たちからも阿鼻叫喚の声が聞かれます。

ですが来てしまったものはしょうがないのでどんどん進みます。
するといつの間にか水の冷たさにも慣れて、とても気持ち良いです。

ちなみに水は最高位で膝の高さまで来るので、
ピチピチで裾をめくれないようなズボンはやめておきましょう!

2014.7.28_034 2014.7.28_032

川をどんどん進んでいき、最初にもらったろうそくに火をつけ、

上記写真の場所にろうそくを収めて終了です。

2014.7.28_050 2014.7.28_040

あとは、お水と「子供の癇癪が治る」という石を頂きます。

そして最後はみたらし団子です!

2014.7.28_055

意外と知られていないですが、下賀茂神社はみたらし団子の発祥の地らしいです。
それで御手洗際なんですね。

お団子は時間が遅いと売り切れてしまうのでお早めに。

WordPress | Moreタグ(続きを読む)をプラグイン【WP Limit Posts Automatically】で自動化

WordPressの記事も、増えてくると、1ページが長くなってだんだんとかっこ悪くなってきます。
デフォルトで「Moreタグ挿入」という機能が、記事を書き込むボックスの上のリストについているのですが、
毎回設定するのは面倒ですし、設定を変えたいときは、一つ一つ変更することになってしまうので
気が遠くなってきてしまいます。

こんなことを考えているとプラグインを探したくなるのですが、
WordPressは探せば簡単に見つかることが多いのでとても便利です。

今回は「WP Limit Posts Automatically」を使用します。

11111

まずはいつものように検索窓にプラグインの名前を入れて、プラグインを探します。

評価も高く、優秀プラグインであることを喜びながら
「今すぐインストール」 をします。
インストールから、有効化もできたら、左のリストからプラグインの設定を選びます。

33333

全部英語ですが、難しいことは何もありません。

Limit Posts by:
First Paragraph(recommend)を選択。おすすめと書いてあるし、ほかだと文字化けしたりもします。

後はどれを選んでもいいです。
別タグでブログのページを開き、プラグインを適応させながら、違いを確かめてみましょう。

4444

こんな感じですっきりとしてくれます。

あとは、記事の表示件数を調整してユーザビリティをあげていきましょう。

京都の七月といえば祇園祭です。

七月に入りました。
京都では祇園祭の準備が町のあちこちで見られます。

八坂神社では、今日から長刀鉾町のお千度などが始まり、
祇園祭の始まりを感じさせます。

一般によく知られている祇園祭と言えば、
出店が立ち並ぶ「宵山」や、「鉾巡行」が頭に浮かびますが、

実は七月いっぱいは祇園祭が行われており、
大小さまざまな行事が各所で執り行われています。

ちなみに祇園祭は今年(2014年度)からガラッと様変わりし、
「前祭(さきまつり)」と、「後祭(あとまつり)」に分かれて、
二週にかけて宵山や鉾巡行を行います。

前祭が大きく、出店なども出るようです。

近年、観光客などの急激な増加で二つに分かれるのでしょうか。

ですが、もともとは二週に分かれていたようで、なんだかんだと元に戻った感じらしいです。

何はともあれ、夏の京都の風物詩「祇園祭」です。

好天を願いましょう。